京都教育大学国文学会

投稿規定

時期
原則として年一度七月に刊行することとします。投稿締め切りは原則として三月末日とします。
査読体制
投稿された論文は複数の査読委員によって査読され、採否が決められます。査読によって、建設的に改稿をお願いすることがあります。
校正
構成は原則として一回とします。
投稿権
特別な依頼原稿を除き、第一著者は京都教育大学国文学会員であることを必要とします。
体裁
縦書きの場合は二四字二〇行二段組、横書きの場合は三二字三一行です。原則として仕上がり一四頁(文字数約13000字)までとし、超過した場合は実費を申し受けることがあります。
〒612-8522 京都市伏見区深草藤森町一番地 京都教育大学国文学会宛 にプリントアウトしたものを郵送でお送りください。その際、連絡先の電話番号・メールアドレスをお書き添えください。
電子媒体による公開の了承
本誌は学術情報リポジトリとしてインターネットで公開しますので、特別な事情がない限り、公開を了解するものとします。ただし、著作権は著作者に帰するものです。

国文学会誌 論文タイトル

第四十七号(2019.6発行)

第四十六号(2018.6発行)

論文

1. 位藤紀美子  「情報社会における英語教育―日本と英国の自由作文を中心に―」
2. 田中郁哉  「『源氏物語』御幸巻「弄じたるやうにもはべるかな」の解釈―玉鬘人物論の可能性―」

研究室だより/編集後記/平成三十年度卒業論文・修士論文題目/学会彙報/京都教育大学国文学会会則/投稿規定

3. 松本圭祐 「「納得」を軸に考えを形成する説明的文章指導の検討―看護学における「納得の概念」を援用して―」
4. 藤田智之 「主体的な学びをつくる言語活動―「大造じいさんとガン」の紹介帯づくりを通して―」
5. 國原信太郎 「音読を通して育成する論理的思考力と創造的思考力―音読を起点とする詩の学習を通して―」

 

 



このページのトップに戻る