卒業論文・修士論文題目

卒業論文題目

平成二十四年度

国語教育

「中学校における作文教育―語彙指導の観点から―」
「中学校文学教材実践研究―『少年の日の思い出』作品構造に着目した授業づくり― 」
「文学の授業づくりの研究―「読むことの体験」を深める手立てを求めて―」
「宮沢賢治作品の持つ教材価値について―「永訣の朝」を中心に―」
「自分の力で伝える力の育成―中学校国語科教育において―」
「高等学校入試問題で問われる学力における課題」
「小学校における討論授業の開発―相手と対峙しない説得法―」
「小学校における話すこと・聞くこと教育について」

国語学

「漫才―おかしさの要因と創造―」
「滑稽本から見る江戸時代庶民の言語観―女性の言葉づかいを中心に―」
「若年層の方言について―兵庫県但馬地区二方方言を例に―」

古典文学

「より親しみやすい教材作り:徒然草」

近現代文学

「道尾秀介『向日葵の咲かない夏』論」
「『みだれ髪』と〈京都〉」
「安部公房「他人の顔」論」
「織田作之助『夫婦善哉』における食表現の果たす役割」
「山田詠美考―山田詠美作品に見る共通のテーマについて―」

漢文学

「中国笑話集『笑府』の研究―『笑府』に原話を持つ落語との関係性―」
「頼山陽の詠史詩の特徴」

日本語教育

「外国にルーツを持つ子どもを中心とした国際理 解教育の授業づくり」
「日本語が母語でない生徒の「テイル」習得を中心とした日本語習得の研究―来日二年目のフィリピン人生徒の発話記録から―」
「日本語支援が必要な児童に対する授業作りの観点について」



このページのトップに戻る